ローンのお悩み解決法

住宅ローンでお悩みの方

当社ではこのようなお客様にご成約いただいております。

 

 

〇「契約社員」としてお勤めの20歳代男性のケース

 当初、奥様が知り合いから「正社員でないと住宅ローンは難しいよ」と聞いていた様子でした。

 そのため最初は奥様もマイホーム購入は半ば諦め気味でしたがローン商品のご提案やご説明などをじっくりとさせていただき、お申込いただきました

知り合いの話やネット上には本当に正確な情報なのか疑わしいものが多数あります。まずは経験豊富なプロに話を聞くのが一番の近道です。

まずは住宅ローンのプロの当社にご相談を

 

 

 

〇転職後、派遣社員としてお勤めの30歳代男性のケース

 正社員ではないのと勤続年数が短いこともありご主人様は諦め気味でした。

 詳しいお話をお伺いすると、奥様がお家を大変気にいっていただいており、当社としても全力でお取組みさせていただきました。

お客様に最適なローン商品のご提案。ローン商品を知り尽くした当社なら可能です。

あなたに合った資金計画をご提案いたします

 

 

 

〇転職後、勤続6か月の30歳代男性のケース

  当社のオープンハウスへお越しいただき、お話をさせていただいたところ、以前に某大手不動産会社で「勤続年数が足りないので半年後にまた来てください」と断られたとのことでした。

 お家も気に入っていただき、住宅ローンのお申込もすべて当社にお任せいただき、ご購入のお申し込みをいただきました。

全ての不動産業者が住宅ローンのプロだとは限りません。住宅ローンは知識・経験などの情報力がものを言います。

他社で断られた方も是非一度ご相談ください

 

 

 

〇シングルマザーの20歳代女性のケース

 当初はお客様自身が年収が少ない(200万円台)とのことで消極的でした。

 ローン商品のご提案やご説明をご納得いただくまでさせていただくと、

 「ローンが通るなら、お子様と新築住宅に住みたい!」とのことでした。

 目標に向かいお客様にもご協力いただき全力で取り組んだ結果

お客様のマイホームの夢を叶えるお手伝い。それが当社の仕事です。

本気でお家が欲しい方を全力でバックアップいたします


 

 

〇奥様名義でのご購入の30歳代女性のケース

 当初はご主人がご自身で銀行の事前審査申込を行いましたがローンが通りませんでした。

 ご縁があり当社へご相談いただいた結果、奥様(年収200万円台)でのお申込みに変更を行い

 お客様、金融機関の担当者と打合せなどを重ねた結果

ご自身で銀行でローンを申し込むのはあまりおすすめしません。ローン申し込みには経験豊富なプロだから知る秘訣があります。

ご提案からお申込までローンは全てお任せください

 

 

 

〇定年後のお住み替えの60歳代男性のケース

 オープンハウスにご来場いただき、お子様の家のすぐ近くなのでお孫さんにもすぐ会えるとお家を気に入っていただきました。

 ただ、住み替えにあたりお客様でお考えのご予算もございましたが、「定年して現在アルバイトだが、予算オーバーした部分の借り入れができるなら」とのことで、当社よりローンをご提案させていただきお申込みをいただきましたました。

高齢でアルバイトや年金受給者だからとあきらめずまずはご相談ください。

お住み替えについてもお気軽にご相談ください

 

 

 

〇新車のローンがある男性のケース

 新築住宅のご購入にあたり、お話をお伺いすると新車のローンがあり、試算すると返済比率オーバーでした。

 オートローンを返済すれば取り組み可能との回答でしたが、返済資金もお持ちでないため、銀行担当者と折衝を行いある方法によりお申込を行いました。

他の借り入れがあっても可能性はあります。ローンの種類・金額などのわかる資料をご用意ください。

借入れがある場合もまずはご相談ください。

 

 

 

同じようなケースでお悩みの方

そのほか、様々なケースでお悩みの方も

まずはお気軽にご相談ください

全力でバックアップいたします